村山コミュニティビジネス起業事業
サイトマップ |  (字サイズ)    

お問い合わせ

事業名

地元企業等と連携した

廃食用油回収とバイオディーゼル燃料の精製・販売

BDFin関根村 団体名 B.D.F in 関根村
URL
E-mail info@bdf-sekinevg.com
所在地 〒999-3222
上山市相生39
TEL 023-673-4610
FAX 023-673-4610
営業時間 原則として年中無休
9:00〜18:00
団体概要
代表者名石山京子(代表)・隆志 設立年月日平成16年7月28日
スタッフ数1名 年間事業高
又は事業規模
BDF 年間54,000リットル生産・販売
事業内容
  • 地域の飲食関係事務所から回収した廃食用油から、軽油の代替燃料となるBDFの精製・販売。
  • 上山市内の温泉旅館と連携して廃油回収と送迎バスへのBDF使用にもとりくんでいる。
  • バイオエネルギー(BDF)は小規模かつ地域単位の利用
設立経緯
  • 環境にやさしい新エネルギーBDFについて、平成16年3月、県文化環境部主催のフォーラムに参加し、強く興味をいだき、地域に根ざした小規模システムによるエネルギーの地産地消と環境面を統合した持続可能な新事業として起業に至りました。 起業には、妻の働きの場づくりという目的もありました。
  • 平成16年度村山総合支庁企業等連携による新事業創出事業重点支援団体に採択。
  • 平成17年2月ホームページ開設。チラシ配布やBDF使用者へステッカー配布、運送車両へのPR看板設置。この結果、地域の事務所、団体、個人への普及浸透した。
事業の効果
  • 廃食用油供給事業所の方々からゴミが資源として有効処理されることへの賛同を得たことと、BDF使用者の方々からは、安価かつ地球温暖化防止の一助となるとのご理解を賜り事業展開しています。両者から継続的にご協力をいただいて構成メンバーを増やし、少しでも温暖化阻止につないでいきたいと思います。
  • 軽油の値上げが追い風となって、人々や社会での地球温暖化防止への理解も深まり、BDFへの関心が強くなってきています。自動車業界もディーゼルエンジン搭載車両復活を目前に控えております。
私のひと工夫はこれ!
冬期間のBDFの品質確保と地域の協力者の信頼が不可欠。環境と経済が両立して微力でも人々や社会に貢献できること。
今後起業をめざす人へのワンポイントアドバイス
人々の心を和ますこと。
起業家関連情報
 
廃油回収の様子
廃油用ポリ缶(青)とマシン
精製前の廃食用油と、BDF製造機械での工程を経てできた精製されたバイオディーゼル燃料です。
バイオディーゼルオイル使用車には、このステッカーを貼って、ご利用いただいております。
今後の展望と課題
家庭からの廃食用油回収をいかにして簡易・安全にできるか。全ての廃食用油を資源として活かすこと。
ひと言PR
BDFはカーボンニュートラルでゴミが資源になる。
個人情報の取扱い | サイトについて |